追蹤
Vicky&Pinky 單車環球夢
關於部落格
922天的單車環球之旅,改變了Vicky和Pinky的生命旅程。兩人創辦藍色空間,出版了9本書和1部紀錄片,以讀書‧思考‧旅行‧創作為人生志業。
  • 95739

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    8

    追蹤人氣

沖繩觀光說明會 & 亞洲慢慢來推薦序之一

【踩踏的人生】大林千乃Vicky Obayachi (沖繩東南植物樂園社長) 兩年前,因為台灣朋友陳志剛先生的關係,認識了Vicky和Pinky。 在台北三峽初次見面,知道她們即將到沖繩,展開協力車環中國海之旅,我提到住宿問題,Pinky說:「我們有獨立能力,不用擔心,反正我們有帳篷。」Vicky說:「其實,我很想在東南植物樂園露營。」因此,後來在那霸碰面,我把她們從碼頭接到我家,提供房間和浴室,展開一段奇妙的交會。 一開始,我以為她們是那種只要有睡袋,在任何地方都可以適應的長途旅行者,想必在家是過著差強人意的簡陋生活,然而,後來兩次到台灣造訪,出乎我意料之外,她們生活在優雅而充滿藝術氣息的空間,用心地將旅行中學到的生活美學,淋漓盡致發揮在日常生活之中,動靜皆可的彈性,讓人嘆為觀止。 在我的印象中,充滿活力的Vicky很少有靜下來的時候,但是,有一次,我的身體很不舒服,Vicky卻一言不發,默默地為我按摩,努力減輕我的不適,在她身上,我看到一個拼命幫助他人的純樸靈魂。 而Pinky是才華洋溢的作家,說話帶著一種節奏,就像踩著自行車的踏板,不疾不徐,按著自己人生的節奏前進,我的英文名字也是Vicky,但是,回顧人生轉折,我和Pinky屬於同類的人。 雖然她們兩位的年紀小我一輪以上,但是,她們倆踩著踏板所走出的人生深度應該在我之上吧。 (日文) 人生のペダルを踏みこんで 私は2年前、台湾の友人陳志剛氏をとおして、VickyとPinkyと知り合った。 台北三峡で初めて会った時に、彼女たちが近々沖縄で自転車の旅をすると知り、宿をどうするのか尋ねたところ、Pinkyは自分達でなんとかできるので、心配しないで。テントもあるから。と言い、そしてVickyは沖縄の私の植物園に野宿させてほしいと言った。結局、那覇で再会した時、私は二人を家に連れて帰って、部屋とお風呂を提供した。彼女たちとの付き合いはこうした形で始まった。 最初、寝袋さえあればどんな所でも旅ができる彼女たちはさぞかしカジュアルなライフスタイルをおくっていると思っていた。しかしながら、その後私が2度台湾を訪れた時に、二人が実にエレガントで、芸術的良質な環境に身をおいていて、驚かされた。彼女たちは旅の中で学んだ美学を余すことなく自分たちの日常生活の中に発揮し、動と静を柔軟におりまぜた生活スタイルは、この上なくすばらしかった。 Vickyは、普段から静かになることが少ないように感じますが、、しかし、ある日私の気分が悪くて塞いでいたとき、一言もなく、静に長い時間をかけて私の身体をマッサージしてくれた。人のために役立ちたいと一生懸命で素朴な人を見た。 Pinkyは、おしゃれな作家さん。言葉にリズムがあり、自転車のペダルを踏むようにリズミカルに人生を生きている。私もVickyだが、どちらかといえばPinkyと同類かもしれない。 お二人は、私より一回り以上も若いけれど、彼女らがペダルで稼いだ人生の奥深さは私以上だろう。
【一期一會的相遇】 李鴻鈞 (欣葉集團總經理) 「萍水相逢,往往在第一眼,就註定了彼此的緣份。」 不記得是去年的哪一天,我的行動電話響起。接通後,對方傳來爽朗聲音,親切地問候︰「你好!李大哥,我是沖繩東南植物園大林小姐的朋友Vicky啊…」幾分鐘寒暄,就和她們倆結下了不解的緣份。正巧在當時,我也開始自己的台灣319鄉鎮單車旅行,親身體驗箇中甘苦後,對於完成環遊世界的兩位,更是充滿了好奇。在長途旅行中,除了要有充沛體力及毅力,每天面對未知,要擁有什麼樣的心志,才能堅持到底呢?我一直感到非常迷惘…… 終於,在這本書裡,我找到了答案。原來,只要秉持對生命的熱情,以及對人的真誠,就像我非常喜歡書中的一段,訴說「ㄧ個人的勇氣」,當面對社會不同的價值觀時,勇於做自己,勇於與眾不同,回到人本的價值思考,不要以為一個人的力量很小而不為,只要勇敢向前行,呵呵!自然會引發一段段感人的連結。 本書看似一本輕鬆愉快的遊記,其實卻不簡單,裡面穿插Vicky精心拍攝的照片,Pinky用心整理的歷史記載,文中時空交錯的場景與情感,使我的心情隨之盪漾;書中透露的勇氣和獨特價值觀,更讓人有所省思,讀完之後,我更忍不住對於這兩個朋友充滿了敬佩之情。Vicky和Pinky,謝謝妳們,甘芭爹喔!
【與人相遇的旅程】 上地晶子 (沖繩觀光會議局 台北事務所) 她們的單車之旅,也是一段與人相遇的旅程。 在讀著這本書的同時,就像跟著兩人一起旅行、與當地的人們接觸一樣,並不只是踩著踏板欣賞沿途的風光美麗,也自然地與在地人交流。 兩人與在地人們的交流後,描寫出來的沖繩和九州,流動著溫暖的氣息,是任何旅遊書裡難以見到的,也可以在字裡行間,感受到她們對旅行地的重視。 Vicky、Pinky,謝謝兩位愛著沖繩。 希望Vicky和Pinky繼續踩著單車,並祝福兩位今後能和更多溫暖的人以及美麗的景色相遇。 (日文) 人との出会いの旅 彼女たちの旅は自転車の旅であるのと同時に、人との出会いの旅のようだ。 本を読み進めるうちに、まるで二人と共に自分も旅をし、その土地の人々と接しているような気分になった。彼女たちの旅の魅力は、ペダルを漕ぎながら見える地方ごとの美しい景色や観光地の参観だけではなく、何気ない人々とのふれあいだろう。 その土地の人々と二人のふれあいから紡ぎだされる沖縄や九州の描写には、どんなガイドブックにも載っていないのんびりとした、温かな心地よい空気が流れている。 そしてその行間から、は彼女たちが旅行した地方をとても大切に思っていることが伝わってきた。 Vicky、Pinky沖縄を愛してくれてありがとう。 VickyとPinkyが自転車をこぎながらこれから接するであろう温かな人々と美しい景色たちとの出会いを心から祝福したい。
→沖繩觀光會議局台北事務所的兩位美女上地小姐和筱琪。
《亞洲慢慢來》- 日本沖繩和九州 (聯經出版社) 作者:江心靜 , 攝影:林存青 《亞洲慢慢來》在全省各大書店與你相遇,各大網路書店新書熱賣中~ ◎博客來網路書店 (定價:380元,優惠價:79折300元,優惠期限:2009 年 09 月 21 日止 ) ◎誠品網路書店(定價:380元,優惠價:85折323元 ◎金石堂網路書店(定價:380元,特價:79折 300元,紅利價:76折!290元)
相簿設定
標籤設定
相簿狀態